興梠 仁(こうろぎ ひとし / 京都生まれ)と景子(神戸生まれ)は大阪を拠点に活動するデザイナーデュオ。 共にインポートセレクトショップ、ストリートセレクトショップ、古着屋などで働いた後、大阪ファッションデザイン専門学校の社会人コースでパターンメイキングを学び、パターン検定2級、3級を取得。衣服は着る人の考え方や社会を反映させるコミュニュケーションツールであると考え、地球、社会の輪の中に存在しているという意味を表現したサークルシルエットを主としている。現在、大阪中之島にコンセプショップ兼アトリエを構え、ユニセックスアイテムを展開中。

 

2012年 初の展示会をパリのショールームにて発表。大阪本町にてアトリエをオープン。

2014年 大阪中之島にコンセプトショップオープンとアトリエを移転。

2015年 初の単独ショーを大阪中央公会堂にて開催。

2016年 第3回 TOKYO FASHION AWARD 受賞

2017年 INTERNATIONAL WOOLMARK PRIZE 2017  ノミネート

株式会社ROGGYKEI設立