We believe that fashion is a mirror reflecting ourselves and a
way of expression to show our personality, as well as a
communication tool with our society. 「We can change who we
are by changing our fashion. And when we change ourselves,
we can change the people around us…」But fashion shouldn’t
be categorized like that. There are infinite possibilities coming
from our fashion and we keep searching for them.


Accessory as clothes, clothes as accessory ; as designers we
strongly believe this. Sometimes they emphasize each other
and occasionally convey a deep fascination with the other.
When worn there is no border between them, clothes can be a
part of an accessory, accessory can be a part of clothes by
coexisting.


私たちはファッションとは自分自身の反映であり、人との
違いを表現する一つの手段であり、又、社会とのコミュニケーション
ツールの一つでもあると考えています。
ファッションが変われば、自分が変わり、自分が変われば周りも 変わる。


そのようにファッションとはカテゴライズするものではなく、そこか
ら派生する無限の可能性がある。その可能性を追求していきたい。
アクセサリーの存在


‘Clothes as accessories, Accessories as clothes’


服しているアクセサリー、アクセサリーしている服
「私たちは服とアクセサリーの関係をこのように考えています。
時として互いに主張し合い、又、時には譲り合い、
そして無上に魅了し合う。
身に着ける上においての境界線はなく、共存し合うことで
服もアクセサリーの一部になり、アクセサリーも服の一部になる」